私たちは、ろう児が日本手話と書記日本語で育つことを応援します。
 
 
お知らせ・活動報告
お知らせ・活動報告
2007年3月31日全国版 朝日新聞 夕刊 1面トップに!!
「手話で授業 やっと道」「特区認定、開校へ準備」「品川でNPO 発声重視に一石」と3月31日の夕刊に、6段記事・1面トップに掲載いただきました。

〜前略〜
 耳の聞こえない子どもに手話で授業する全国初のろう学校設立が認められるようになった。これまでのろう教育は補聴器などで聞き発声させる「聴覚口話法」が主で、手話は中心ではない。独自の教育課程を認めるよう求めていた東京都の特区申請が30日、国の認定を受けた。関係者が願う「ふだん使う手話による教育」への道は開けたが、来年4月の開校には7月までに4500万円が必要で設立主体のNPO法人が寄付を募っている。(大村美香)
〜以下略〜
※記事は1段目を引用させていただいています。

新聞を読んだという多くの方から寄附の申し出がありました。
心よりお礼申し上げます。

記載日/2007/4/2

2007年3月31日 朝日新聞 夕刊
2007年3月31日 朝日新聞 夕刊

画像をクリックすると別画面で拡大表示されます。

構造改革特別区域計画第13回認定!
東京都が申請していた教育特区「日本手話と書記日本語によるバイリンガルろう教育」が、3月30日に国の認定を受けました。来年4月の開校に向け、準備に拍車がかかります。学校法人設立に必要な準備金(4500万円)までは、まだまだ足りません。どうかみなさん、ご寄附をよろしくお願い致します。

首相官邸・構造改革特別区域推進本部
構造改革特別区域計画の第13回認定計画概要(PDF)

記載日/2007/4/2

浅間台小学校正門の桜咲く!!
浅間台小学校の桜3月31日全国版の朝日新聞・夕刊、1面トップに、特区認定の記事が掲載されました。
浅間台小の校門の桜がいつもにもまして鮮やかに映ります。

国からの認定は頂きましたが、私立の学校法人設立の為の準備金(4500万円)が必要です。現在、寄附の活動を展開していますが、まだまだ足りません。今、このチャンスを活かし、ろう児の将来を保証したいのです。
どうかみなさま、ご理解とご寄附のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

記載日/2007/3/31

「幼児クラス卒園式」
入園式3月20日に幼児クラスの卒園式がありました。
米内山理事長から一人一人卒園証書を受け取り、一緒に通ったお父さんやお母さんと記念写真をぱちり!いよいよ春から小学生です。

記載日/2007/3/31

このHPは平成18年度三菱財団社会福祉事業の助成を受けて
作成しました。
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/
特定非営利活動法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター
Copyright(c)2006 特定非営利活動法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター, All Rights Reserved