目次
海外のろう教育はどうなっているの?

難聴児・ろう児のことならBBED

海外のろう教育はどうなっているの?

北欧では20年前から、アメリカやカナダでは15年以上前から、バイリンガルろう教育が行われています。ろう児はろう者の手話を使うことで自信をもって学習に取り組み、試験で聞こえる生徒と変わらない成績をおさめたという報告も出ています。今ではアフリカ、オーストラリア、中国、韓国、モンゴル、ネパール、タイ、ベトナムなどでもバイリンガル教育のプログラムが実践されています。


戻る

Copyright(c)2006 特定非営利活動法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター, All Rights Reserved