目次
「難聴児通園施設」や「ことばの教室」で手話は良くないと言われました

難聴児・ろう児のことならBBED

「難聴児通園施設」や「ことばの教室」で手話は良くないと言われました

日本では昭和8年から、ろう学校で手話が禁止されて来ました。その後、補聴器の開発によって残聴能力を生かした教育として登場したのが「聴覚口話法」です。難聴児通園施設やことばの教室では、この聴覚口話法の早期指導を重要視しています。「手話を見せると、日本語が身につかなくなる」という説は、逆に、ろう児にとって手話が最も自然な言語であることを物語っています。現在では、手話という母語を身につけ、そして日本語の読み書きをしっかり習得するという方法があるのです。


戻る

Copyright(c)2006 特定非営利活動法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター, All Rights Reserved