法人概要
トップページ法人概要
法人概要

特定非営利活動法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センターが設立して5年。日本で唯一、バイリンガル・バイカルチュラルろう教育を実践してきたフリースクール龍の子学園が学校法人明晴学園として 発展し独立しました。これは日本中の多くの方々によるご支援の賜物と感謝しております。しかし明晴学園の誕生は、日本にバイリンガル・バイカルチュラルろう教育という教育の選択肢が できたに過ぎず、ろう児を取り巻く環境には、まだ多くの問題が残っています。例えば、医療機関で難聴と診断された時の、インフォームドコンセントの導入。現在は、聴覚口話法、人工内耳以外の情報が保護者に提供されることはほとんどありません。また、ろう児を連れて通うことができる手話学習会もありません。更に「聴覚障害児には、口を大きく開けて大きな声で話せば通じる」 という誤った認識が広まっています。バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センターでは、こういった問題を1つでもクリアできるように今後も活動を続けてまいります。皆様には、引き続きご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

代表 玉田 雅己

NPO法人事務局 〒143-0016 東京都大田区大森北1-30-1三喜屋ビル2階
TEL 03-5767-5057
FAX 03-5767-5057
E-mail メール ご連絡はこちらよりお寄せください
ホームページ http://www.bbed.org
活動開始日 1999年4月
法人認可 2003年5月 特定非営利法人認可
代表者 玉田 雅己
事業対象分野 デフフリースクールの運営/ろう児保護者への支援/バイリンガルろう教育研究、教材開発
組織の目的  当センターは、2007年度までの約9年間デフ・フリースクール「龍の子学園」の運営を行ってきました。その研究実践の成果が認められ2008年4月に日本初めてバイリンガル・バイカルチュラルろう教育を行う「学校法人明晴学園」の開校に至ることができました。
 今後もろう児に対するバイリンガル(日本手話及び日本語)、並びにバイカルチュラル(ろう文化と聴文化)教育の支援や研究活動、デフ・フリースクールの運営などを行い、ろう児の健全育成を図ります。
 また、その成果を情報提供することで、一般市民とろう者(ろう児を含む)との交流を推進し、地域社会における聴者とろう者の平等な社会形成の増進に寄与することを目的としています。
主な事業 デフ・フリースクールの運営事業
ろう学校及びろう児保護者への支援事業
ろう教育研究事業
ろう教育情報提供事業
ろう教育相談事業
ろう文化及び日本手話による交流事業
ろう教育における情報技術推進事業
一般社会に対するアプローチ